《選択 》【03年08月09日(土) 11:05】

才能って何だろう。
才能という言葉に囚われ続けた私だ。
才能があるようでいて無いようなそんなあやふやで心許無い自分が嫌で嫌で仕方なかった。

何故、才能ある他人を羨む?
何故、嫉妬の眼差しで見詰める?

だがかの手塚治虫も若くて才能あるクリエイターに子供じみた嫉妬をしたという。
あの天才的と言われた彼がだ。
彼の才能を才能とは誰もが認めるとはしても、彼は果たして本物の天才であるのだろうか?
天才とは一体どういう場合に言うのだろう。
天才は他人に嫉妬などするのだろうか?
アインシュタインも?
誰かを嫉妬した事があるだろうか?
それは分らない。
天才と言われたとしても彼らも人間なのだから。
嫉妬などしないという人間がいるなど私には信じられない。

彼の息子が天才である父親と比較されても平気であると言っていたという。
私は思った。息子は父親を越えられないなと。
賛否両論はあるだろう。
嫉妬せずに他人の才能を羨まずに自分だけの世界で突っ走る。一見それが正しい事のように思われる。
だが少なくとも私はそう思わない。
別に自分を弁護するつもりはないが、自分だけの世界に満足してしまったら、そこから先の世界は開かれない、と思う。
己がそれで満足しているならそれでも良かろう。
だが、もっと満足いくものを作りたいと思うのなら他人に嫉妬し、それ以上になりたいと我武者羅にならなければ。
現状に満足していたら、もう何も自分に取り込む事はできないはずだ。

己が何に対して嫉妬を抱くか。
己が何を目指しているのか。
己は何を選ぶべきか。

才能が重要なのではなく、何を選択するかでその人間の真価が問われる。

そう聞いたよ。
妙に納得した一文だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック