《軽蔑などしない 》【03年08月20日(水) 22:39】

その人が書く日記を読んで思った事。 その嗜好からは凡そ考えつかないほど思慮深く落ち着いていて賢い女性だなあと思った。 だが彼女は、そうではなく性格がおっとりしていからだというような事を言っていた。 そうかもしれない。 世間知らずのお嬢さん(失礼)が良きパートナーを得て心が安定し、そしてその博学なパートナーの下で世間の事を勉強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《生き物はなまもの 》【03年08月19日(火) 22:27】

生物は生きている物である。 当たり前の事だ。 生きていれば食事はするし排泄はするし繁殖もする。 私の友人がある本を読んでペットについて考えたと日記に書いていた。 ペットを飼っている者のほとんどが恐らく飼っているペットに対して責任を持って飼っているのだと思う。そう信じたい。 だが私の住む所にも、とても責任を持って飼っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《本当の恋 》【03年08月18日(月) 22:52】

彼女が言っていた。 「恋をする相手は人間じゃなくてもいいのかもしれない」 私もその気持ちはよく分る。 私もその人も若いとは言えず似たような年頃なのだが。 彼女の方が私より5歳は年上だ。 だが彼女の写真を以前見せてもらったが、妖艶な感じの美人で私はたちまち彼女に夢中になった。 彼女は芸術家だ。 私は彼女の才能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《笑うという感情、泣くという感情 》【03年08月17日(日) 23:42】

私の好きな作家が言っていたのだが。 玄人ではなく素人が「笑わそうとする」のが見ていて辛いと。 だから笑わそうとしないほうがいいと。 それに関連してその人が言っていたが「笑わせるよりも泣かせるほうが簡単」だと。 それについては確かにそうかもしれないなと思った。 私はお笑いが好きなのでわりとお笑い芸人の人たちを尊敬して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《選択 》【03年08月09日(土) 11:05】

才能って何だろう。 才能という言葉に囚われ続けた私だ。 才能があるようでいて無いようなそんなあやふやで心許無い自分が嫌で嫌で仕方なかった。 何故、才能ある他人を羨む? 何故、嫉妬の眼差しで見詰める? だがかの手塚治虫も若くて才能あるクリエイターに子供じみた嫉妬をしたという。 あの天才的と言われた彼がだ。 彼の才能を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《強く逞しく 》【03年07月30日(水) 19:57】

子供がブランコに当たって亡くなったという。 そこでやはりまたしてもそのブランコを撤去する動きが出たと。 私の子供の頃にも回転塔(このような字だったか?)で事故があって、それで撤去されたことがあった。 昔はよく学校にも設置されていたものだったが、最近ではまったく見なくなった。 いつも思うのだが、臭い物に蓋をするようなことは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《奇妙な果実 》【2003/07/26(土)】

奇妙な果実という歌がある。 私はこの歌は聴いたことはないのだが、ある作家が書いた小説でこの歌をモチーフにして書かれていたということで歌の存在知り、そして歌の意味を知った時激しい衝撃を受けたものだった。 小説の内容は首吊り自殺をした人に絡めてだったのだが、この歌はリンチされて木に吊るされた黒人の死体のことを歌ったものだという。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《心は永遠の命? 》【2003/07/26(土)】

心とは永遠の命─── そういう言葉を以前見たことがある。 これは余命三ヶ月と宣告された末期がんの校長先生が子供たちに残した言葉だという。 先生は、動物たちにたくさんの温かい思い出を残して死んでいったアナグマを描いたある本を子供たちに読み聞かせた。 「アナグマは死ぬことを怖れません。死んで体がなくなっても心が残ると知ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ウェブ日記 》【2003/07/25(金)】

ウェブ日記の事を記事で読んだ。 その人のプライベートな語りを継続して読むことによって人間像を読み取り一つの物語を形成すると書かれてあった。 ただここには問題も出てくる。 私が何時も陥る問題なのだが、つまりリアルでは本音と建て前を使い分けているのだが、ことネット世界では如何しても隠しておきたい事を暴露してしまう傾向に陥りやすいと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

《理解しなくていい 》【2003/07/25(金)】

ある作家が「弱さと無垢」を肯定する時にこう定義したと聞いた。 『弱さとは欲望の否定。つまり、「相手を愛するのはよいが犯してはならない」という「可憐な者同士の友情の極限」である』 それを読んだある批評家は『まともな常識から判断して非常に気色の悪い関係だ。虫唾が走る』と言った。 ふーん。そうか。常識人はそう思うんだ。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《結婚2 》【2003/07/24(木)】

結婚をしろとかしたほうがいいとか、そういう事は他人に言うべき事ではない。 私はそう思っている。 結婚。 私は自分の家を出たかった。 早く出たかった。 だが自分一人で生きていく力も元気もなかった。 ただの怠け者。 結婚の決め手。 「苦労はさせない」 そう彼が言ったから。 だがもちろんそれを信じていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《自殺に対して2 》【03年08月15日(金) 11:02】

7月21日付けで書いた「自殺に対して」のその後。 8月7日の新聞に件の自殺志願者の書いた記事が載った。 励ましの便りや新聞への投稿に対してのお礼の記事で、私は自分が恥ずかしいなと思った。 21日に私が書いた記事ではある女性が匿名希望と書いており、それに不信感を持つのは私だけではないと偉そうな事を書いてしまったのだが、自殺したい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《 自殺に対して》【2003/07/21(月)】

新聞の読者投稿欄に以前「自殺したい」と若い人が書いていた。 するとそれに対して30代の女性が「どうして死を選ぶの?」と投稿していた。 誰にでも辛い事はあるとか。 自分も様々な辛い事があったとか。 戦争の時に生きたくても死んでしまった人がいるとか。 そういうことをとうとうと語られていた。 何故だろう。 私はこの人の記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《子供と芸能界》【2003/07/18(金)】

ある人が子供を芸能界に入れるのは絶対反対だと言っていた。 私もそれには大賛成だ。 自慢するわけじゃないが、私の息子もジャニーズ系だと思う。 目がパッチリしていて睫がクルリとカールしており、ハッキリクッキリの二重であるため幼い頃は女の子とよく間違えられていた。 今でも中学生などお姉さんには「きゃーーーー、かっわいいいーーーー」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《親とは》【2003/07/18(金)】

彼女の日記を読んで思った。 そうだな、私もそんな子供時代だったなと。 厳しい母親の元に育った私だった。 だがそれは母の性格がきちんとした人だったからという事は、今の私には分る。 しかし、子供の頃の私にはそれが分るはずも無い。 ただひたすらに怖くて……何時もビクビクしていたような気がする。 それでも母は何も出来ない私にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《ウィルス》【2003/07/17(木)】

最近またしてもウィルスが飛び交っている。 この間も知りあいが感染していたらしく、自分の名前のメールを開かないでと日記で言っていた。 しかも、どうやらそのメールで感染した人がいたらしくて、その人の掲示板に「感染した。データがパアになった」と書き込みしていた。 駄目だよ、そんな事を書いたら。 如何してこっそりメールで教え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《医療訴訟》【2003/07/14(月)】

ニュースで医療訴訟の報道をやってた。 私の知り合いも今同じように訴訟を起こしている。 その人は結婚したばかりで奥さんが死んだのだ。 元々身体は弱かったらしいが、それでも死に方に疑問点があるとその人は思い、訴訟に踏み込んだらしい。 ニュースでやっていたが、とても難しいらしいな。 10年も裁判が続くとか? 例えば主人が死んだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《結婚》【2003/07/14(月)】

ある人の小説を読んで思った。 結婚って何だろうって。 私は元々結婚に対して夢なんて持ってなかった。 子供の頃からの友達は「あんたは白いウェディングドレス着て教会で式あげなきゃ嫌~って感じだよね」なんて言ってたが。 どうも私は容姿とか雰囲気からそういう印象を与えがちだったらしい。 本当の私はそんなにかわいい人間じゃない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《 便利な物》【2003/07/11(金)】

ある本に「時代は人間に反映している」と書いてあった。 そして「こらえ性」がない人間が今の時代は増えていると書いてあった。 それは、時代があまりに便利になってしまったためで、我慢しなくてもいい環境に私たちがいるからだということだ。 そんな中で「我慢しろ」と言われても、それは無理だと私にも分る。 だからといって、便利なのを放棄す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

《年齢》【2003/07/11(金)】

娘の頃、自分の30歳40歳の姿など考えた事もなかった。 私は絶対長生きできないと思っていたからだ。 ところが40歳になってしまった。 姿形は当たり前におばさんになってしまった。 鏡を見るのも今は嫌だ。 何だこいつは。これは私じゃないと思ってしまう。 頭ではわかっているのだ。 自分はもう10や20の娘じゃないのだからと。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more