本当に読まれたくないものは頭の中に書くよ【2006/08/12 10:48】

「王様の耳はロバの耳」という言葉がある。

私にもあるよ。そういう穴が。しかも自分で作ったわけではなく、私の友人がわざわざ私のために作ってくれた。その人とは考え方も違うし、私はその人の書いたもので傷ついたということはないが、恐らく、その人は私が今までに書いてきたもので傷ついたこともあっただろう。傷ついたというか、「それはちょっとないだろう?」という類の感情を持ったことはあるらしいが。だから、傷付いたとは違うのかもしれないが。ただ、私の書いたもの全てに賛同するわけではないことは確かだ。

そんな人でも私のために何かしたいと思ってくれる。

私は自分を本当に幸せ者なのだなと思ったよ。それだけでも私は自分に自信を持たなくてはならないよな。

誰にも言えない事を誰にも聞かれないように、まるで地面に掘った穴の中に叫んだようにどこかにひっそりと書いたとしても、ネット世界では絶対に誰にも読まれないわけではない。だから、私の「王様の耳はロバの耳」的な場所は、あるいは、誰かに読まれることを期待しているのだと言われてもしかたないかと思う。勿論、その場所を用意してくれた友人には読まれることを前提として書いているし、たまたま検索で辿り着いた誰かも読むことだろう。
そういうことで、私の場合は穴に埋め込んでしまうものとは違う。私の場合は期待して書いてるわけだ。というか、そもそも私にとって何か書いてこうやってウェブに乗せるということ自体が誰かが読むということを考えて書いてるともいえる。誰にも読まれないことを期待するのなら、私はこんなところには書かない。
よく、読まれたくないのならチラシの裏に書いてろという言葉を聞くが、それも違うと思うよ。たとえリアルのノートに書いたとしても、つまりチラシの裏に書いたとしても、それも誰も読まないという保障はないからな。本当に読まれたくないものなら、自分の頭の中に書けばいい。これならば私以外は誰も読まない。絶対に。それこそ、頭の中に書いた出来事は、墓場まで持っていく秘密なのだ。そして、私にだってそういう墓場にまで持っていきたい想いというものはある。それは穴の中にだって叫ばない。私以外誰にも知らない、私だけの想い。それは誰にも教えないよ。どんなに好きな相手でもね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック