《私を救うもの》【2004.08.10 10:33】

その人が歌い、そしてそれに呼応する者がいる。
それを知ったとき、ああ、やはり永遠に続くものなどないのだと、そう気付いた。

変わらぬ想いなど何処にもない。

だからこそ、その人の心が何時しか離れてしまおうとも、淋しく笑うだけで。

「何でもないことさ」
「何時ものことだ」
「私だけは変わらぬ」
「此処に漂っているだけ」

そう呟いて、その人を送り出そう。
そうしないと、かつてすがり付いて傷つけた人と同じことを相手にしてしまうだろうから。

執着することはいけないことではない。ある意味においてはね。だが、時に執着を捨てねば己も他人も不幸にしてしまうだろうから。

独りで行こう。
私を救える者は、何処にもいない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック