《男と女の違い》【2004.08.06 10:54】

ある方の日記を読んで思わず「ほ~」となった。その方も他の誰かの書いたもので思わずメモをしたということを書かれていたが。それには、男と女の違いがこう書かれてあったそうだ。

『男は、明確に周囲と自分の間に境界線があり、女は、空気との境目が曖昧』


そういうところから、女は存在感がソフトであるので傍にいても苦にならないということなのだそうだが。勿論、それが全てではないだろう。女でも傍にいたら苦にしかならないという人もいるし、逆に男でも苦にならない人というのもいるから。そして、この人が最後にこう言っていた。

『側にいて存在が気になる人は「男っぽい」、気にならないような人は「女っぽい」』


私はどうだろう。私は境界線など考えもしない人間とは思うのだが、だがしかし、嫌いな物は嫌いと拒絶する感覚は人一倍強い。存在感がソフトかどうかは自分ではわからないが、他人に何らかの不快感を与えるということは、存在自体がソフトであるとは言えない気がするのだが。

あなたの目───というか、感覚では、私という存在はどう感じられているのだろうか。何となく興味はあるよ。以前、かなり明確に私という存在を「こうこうこうである」と語ってくれた人がいたが、まさにその通りだなと思った。かなり辛辣な評価だったのだが。
まあ、その相手にしても、恐らく「自分だって他人のことは言えない」と思いつつ書いていたのだろうとは思う。そこまで書かせてしまった私の罪ではあるのだが、おかげで少しづつ私は理想とする私に近づいていっているのだと、そう思う。そう信じたい。

かつての戦友もそうであればいいと思う。いや、きっとそうだと思う。

キミが、ケセラセラと呟きながら、気持ちよい青空を見上げていることを心から祈っているよ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック