《医療訴訟》【2003/07/14(月)】

ニュースで医療訴訟の報道をやってた。

私の知り合いも今同じように訴訟を起こしている。
その人は結婚したばかりで奥さんが死んだのだ。
元々身体は弱かったらしいが、それでも死に方に疑問点があるとその人は思い、訴訟に踏み込んだらしい。
ニュースでやっていたが、とても難しいらしいな。
10年も裁判が続くとか?
例えば主人が死んだとして、それがもしかしたら医療ミスで……と疑問がわいた時、私は果たして訴訟などというものを起こすだろうか。
とてもそんな元気はないような気がする。

そうか。
その人の場合もきっとすぐには解決しないのだろうな。
何だかお気の毒である。
冷たいようだが、そう思うしかない。

私は医者を信用してない。
自分も似たような経験しているから。
これは入院してみれば分る事だと思うが、本当に怖いよなーって思う事が多々あったものなあ。
勿論、医者だって看護士だって人間だし、ミスはあるだろう。それに、全ての医者や看護士が無能というわけではない。素晴らしい技術を持っている者もいる。
ただもう自分だけにはそういうミスが当たってほしくないと願うばかりである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック